Crop blog

Crop blog

ホッとする時間。

子どもたちは、6月から再開した学校にそれぞれ通っています。

クロップハウスにいる子どもたちのほとんどは支援級に所属しているので、個別支援計画に基づいて比較的ゆっくりとしたペースで勉強をしています。

それでも6時間授業が増えた高学年チームは、帰宅するとボーッとしています。薬の副作用でさらにボーッとする子、帰宅後落ち着かない子や、疲れると意地悪しちゃう子…

宿題をやって、平日はアッという間に夕飯の時間です。そんな合間に、降り続く雨を見たり、庭の野菜を収穫したり、一緒に些細な話をしたり、そんな時間を大切にしています。

一緒にいられること。ホッと深呼吸できること。それだけで、とても幸せな気持ちになります。日々課題に直面する中で、「一緒にホッとする」この感覚を共有できることは本当にかけがえのない時間です。

社会的養護の子どもたちは18歳の3月には施設やホームを出て暮らし始めるので、年齢が上がるにしたがって「自立」へ向けての指針や計画に沿った動きが活発になります。「大人になる」という喜びと、タイムリミットを迫られることへの不安。それでも、共に過ごしてきた時間があり、その時間を胸に一歩を踏み出していきます。

時間というのは不思議なものです。

子どもが措置されてきたあの日。お腹が痛いと泣いたあの日。怒りも悲しみも共に感じ乗り越えたあの日。喜びも些細なことも話せるようになった今日。

共に「ここにいる」ことそのもので胸にあたたかさを感じ、愛おしいと感じる存在。

答えのない毎日を、共に生きる。そのこと自体がなんだか愛おしいのです。

ここを自分のお家として巣立った子どもたちが、いつでも帰って来られますように。そして、どんな些細なことでもいい。話して楽になることがあれば、ここを訪れて来られますように。そんな関係が築けますように。そして何よりも、これから暮らすであろうこの社会の中にそうしたホッとできる場所の選択肢が増えますように。

いつもご支援してくださる皆様、どうもありがとうございます。

ぷるすあるはさんのPDFをプリントして使っています。
画像にリンクが貼ってあるのでぜひ見てみてください。
ステキな絵本をいただきました。大人が読んでしまいます。笑
たくさん雨が降って緑が育っています!